This picture was the 10000th to appear in ESO's photo archive. It was posted to the Your ESO Pictures Flickr group by Adhemar Duro on 30 September 2015. This resource is growing each day with new, wonderful and quirky views of ESO from both the inside and outside. Adhemar's picture is a spectacular night view of Otto, one of the ALMA transporters, with the Milky Way and ALMA antennas as a dramatic backdrop.

アルマ望遠鏡を支える人々① まるでSF映画の世界。巨大車両のプロに訊く

22の国と地域による国際共同プロジェクトでもあるアルマ望遠鏡。このプロジェクトには、研究を行う天文学者だけでなく、いろんな職能を持つ何百人ものスタッフが関わっており、チームワークによって支えられています。
そんなアルマ望遠鏡プロジェクトを支える人々を紹介する今連載。第1回目では、「トランスポーター」という特殊な車両を使って、電波望遠鏡の要である巨大なパラボラアンテナの移動を行うチームの仕事を取材します。まさに「縁の下の力持ち」、エンジニアリング部門のトップである水野範和教授、現地オペレーターのファン・サラマンカさんに話を聞きました。

標高5.000mの高地で見せるエンジニアリングチームの誇り

—— アルマ望遠鏡がその性能をフルに発揮できるのは、巨大なアンテナを移動させるオペレーターやエンジニアリング部門のみなさんのがんばりがあってこそなんですね。

水野:まさにそうなんです。今期は年間で150回程度の移動を行う計画になっていますが、来期はおそらく1年で200回以上アンテナを移動させないといけません。アルマを使って観測をしたいという天文学者からの要望はどんどん増えていて、今期も4倍の競争率になってしまいました。

たくさんの要望に応じていろいろな観測をするためには、アンテナ移動回数を増やす必要があるのですが、そうなると悪天候の日以外はほぼ毎日アンテナを移動させないといけないので、これは大変なことです。それが実現可能なのか、まさにいま議論をしているところです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンテナを移動するトランスポーター ©Enrico Sacchetti / ESO

—— トランスポーターはかなり丈夫にできていると思いますが、毎日のように100トンのアンテナを運ぶとなると、耐久性のほうはいかがですか?

水野:アルマ望遠鏡の装置のなかでも、たとえばアンテナのなかにある超伝導受信機(微かな電波を受信する装置)や、複数のアンテナでキャッチした電波を合成して画像を作るための相関器(スーパーコンピューター)は、日進月歩で装置が新しくなっていきますし、交換も容易です。

でも、アンテナ本体とトランスポーターは、最低でも30年使い続けるものです。両者ともアルマのキーとなる装置なので、これをいかに大事に維持していくかが、観測施設の将来を左右します。

私たちエンジニアリング部門のスタッフは、全員がそれを理解して、「私たちがアルマを守っているんだ」という使命と誇りを感じながら作業しています。そのことを多くの方にご理解いただき、ご支援をいただけばうれしいですね。

 

現地のトランスポーター運転手へのインタビューが実現

最後にチリ人のオペレーター、ファン・サラマンカさんにメールでお話を聞くことができたので、その生の声をお届けしたい。

 

—— アルマ望遠鏡で働き始めたきっかけはなんでしょうか。

サラマンカ:もともとはチリ海軍の航空隊で、電気整備やエレクトロニクス分野の管理者などの仕事に20年以上携わっていました。その経験を活かしてアルマに転職してから8年経ちましたが、6年間をトランスポーターのオペレーターとして働いています。

 

—— オペレーターになるためには、どんなトレーニングをされたのでしょうか?

サラマンカ:山麓施設で、トランスポーターを開発したショイエレ社による座学と実習の講座を受講しました。そのほかにも運転実習やメンテナンス作業を通じて、電気系統や電子部品、油圧、機械などについて学んでいます。

 

saramanka

チリでトランスポーターのオペレーターを務める、ファン・サラマンカ

—— トランスポーターをオペレーションするなかで、一番難しいところはなんでしょうか。

サラマンカ:標高5,000mの高地では、強風、強い日射と紫外線、薄くて乾燥した空気など、厳しい自然環境がいちばんの難敵です。特に酸素が少ない環境で作業を続けると、認知能力や身体能力が低下してしまうんです。

また、トランスポーターも、外気にさらされた金属部品が次第に劣化していきます。そんななかで100トンのアンテナを安全に移動させるために、すべてのシステムが正常に動いているかどうかなど、基本的なことを常に注意しながら仕事を進めるようにしています。

 

—— ハードな仕事だと思いますが、どういうところにやりがいを感じますか?

サラマンカ:トランスポーターを操作してアンテナを運ぶこと、システム整備をすべて滞りなく行うこと、トラブルの改善案を見つけて調整していくこと自体が、とても面白い仕事だと思っています。

もちろん、次々と驚くべき発見をしていく、世界でもっとも大きな天文台の一員として仕事ができることにもやりがいを感じています。ほかのどこにもない2台のトランスポーターをきちんとメンテナンスすることで、25年、35年、さらにもっと長きにわたって、アタカマの大地でアルマ望遠鏡が観測を続けられる状態にしたいですね。

 

水野範和(国立天文台チリ観測所 教授)

水野範和(国立天文台チリ観測所 教授)

1997年から南米チリ・ラスカンパナス天文台の名古屋大学の「なんてん」、「NANTEN2」の現地運用、観測所の立ち上げを担当、マゼラン銀河を中心とした観測研究を推進。2008年より、国立天文台においてアルマ望遠鏡の建設、アンテナの性能評価、システム検証等を担当。現在、合同アルマ観測所・アレイ・メンテナンス・グループのマネージャーとして、アンテナや装置の運用・保守、そして将来の新しい機能を追加する開発するチームを率いている。
ファン・サラマンカ(合同アルマ観測所 トランスポーターオペレーター)

ファン・サラマンカ(合同アルマ観測所 トランスポーターオペレーター)

チリ海軍にて21年間、レーダーや航空電子機器、制御や計器を取り扱う電子技術者として勤務。2008年より、アンテナトランスポーターのオペレーターとしてアルマ望遠鏡プロジェクトに参加。

NEW ARTICLES