アルマ望遠鏡山頂施設ライブカメラ、稼働開始!

アルマ望遠鏡山頂施設(標高5000m)に、高感度・高画質のライブカメラが設置されました。昼夜を問わず活動を続けるアルマ望遠鏡の様子を、ぜひご覧ください。

このライブカメラはアンテナ群の中心近くに設置されており、全方位の写真をおよそ1時間に1枚撮影します。それらの画像をつなぎ合わせたパノラマ画像や、ドームシアターでの投影に適した魚眼レンズ形式の画像に変換して表示することもできます。非常に感度が高いことから夜空にのぼる南天の星々や天の川、大小マゼラン雲をはっきり見ることができ、月夜では月光に照らされた昼間のような風景を楽しむことができます。現地と日本の時差は12~13時間であることを踏まえて、さまざまな時間に、またさまざまな月齢での現地の風景をお楽しみください。

アルマ現地の眺め / Views from ALMA

The images are produced with a NEOS360 camera by Apical Technologies.

最終更新時間:
(CEST:中央ヨーロッパ夏時間は世界時+2、CET:中央ヨーロッパ時間は世界時+1。チリ夏時間は世界時-3、チリ時間は世界時-4です。)

ご覧の環境ではobject要素がサポートされていないようです

主な見どころ(クリックで拡大)

山頂施設観測技術棟 / AOS Technical Building

モリタアレイのアンテナ群 / ALMA Antennas

チャナントール高原 / Chajnantor Plateau

アルマのアンテナ群 / ALMA Antennas

下の画像はライブカメラで撮影された画像をつなぎ合わせた、アルマの全天周魚眼画像です。

NEW ARTICLES