イベント情報

イベント情報

イベント情報

  • 2022年11月19日(土)

    講演会「惑星探査50年の発見の歩み ボイジャー、はやぶさ2、系外惑星、・・・ 」

    日時

    2022年11月19日(土)14時~16時

    場所

    日本学士院総会議場(上野公園)
    (無料、事前申込)
    または
    YouTubeによるオンライン視聴
    (こちらは申し込み不要です)

    定員

    先着70名
    応募の方法は詳細欄のリンク先をご覧ください。

    講師

    Edward Stone(日本学士院客員/元ジェット推進研究所長)
    藤本正樹(JAXA 宇宙科学研究所副所長)
    深川美里(自然科学研究機構 国立天文台教授)

    概要

    TMT国際天文台の前総括責任者 Edward Stone博士の日本学士院客員選定を記念した講演会が開催されます。
    オンライン配信もあります。

    詳細

    日本学士院

  • 2022年11月5日(土)

    天文講演会「アルマ望遠鏡が解き明かす宇宙の謎」

    日時

    2022年11月5日(土)
    午後3時30分開始・午後5時終了予定
    (10分間の休憩あり)

    会場

    品川区立五反田文化センタープラネタリウム

    講師

    平松 正顕氏
    (自然科学研究開発機構国立天文台 天文情報センター講師/台長特別補佐)

    対象

    小学生以上
    (小学校高学年以上の方におすすめ)
    定員60人(抽選)

    参加費用

    大人300円
    小・中学生100円

    詳細

    申し込み方法等の詳細は以下のページでご確認下さい。

    品川区立五反田文化センター

  • 2022年7月2日(土)

    宇宙塾・アルマ望遠鏡が見た 最深の宇宙

    日時

    2022年7月2日(土)
    18:20~20:00

    会場

    四日市市立博物館
    5階 GINGA PORT 401
    (プラネタリウム)

    講師

    国立天文台天文情報センター(周波数資源保護室)講師
    平松正顕氏(リモート出演)

    内容

    南米チリにあるアルマ望遠鏡は、遠い宇宙に存在する塵やガスが放つかすかな電波を観測することができます。2011年から運用を開始したアルマ望遠鏡が、これまでに見てきた星、惑星、銀河が生まれる現場の様子を解説します。

    定員

    70名(自由席)
    ※当日9:30より1階総合受付にて座席券を発券します。(1名様につき1席分まで)

    参加費

    無料

    その他

    ※中学生以下は保護者同伴でご参加ください。
    ※手話通訳、要約筆記を実施します

    詳細

    四日市市立博物館・プラネタリウム

  • 2022年5月21日~6月11日(毎週土曜)

    オンライン講座『オンラインで学ぶ「宇宙」~ブラックホールはこうして撮影された~』

    日時

    5月21日~6月11日
    毎週土曜日(全4回)
    10:00~12:00

    場所

    Zoomを使ってのオンライン講座

    講師

    永井洋(国立天文台アルマプロジェクト )

    対象

    台東区居住・在勤者
    (若干名、区外からの受け入れも可能)
    定員30名

    内容

    台東区社会教育館では、以下のオンライン一般向け講座を募集中です。
    アルマプロジェクト・EHTメンバーの永井洋特任准教授が講師です。
    いて座A*ブラックホール撮影の話も予定しています。
    台東区居住・在勤者向けの企画ですが、若干名、区外からの受け入れも可能です。

    教材費

    無料

    詳細

    台東学びのひろば:生涯学習スタート講座

    申し込み

    こちらからお申込みください。

  • 2022年4月10日(日)

    発展的天文講座「電波でさぐる星と惑星の誕生」

    日時

    4月10日(日)午後4時〜4時50分
    (開始5分前までには入場してください)

    会場

    タイムドーム明石プラネタリウムホール

    講師

    平松正顕(国立天文台・天文情報センター)

    定員

    80名(先着順)
    入場券を当日午前10時から6階受付で配布します。

    費用

    無料:直接会場にお越しください

    内容

    天文や宇宙についてテーマを掘り下げた専門的な内容です。
    4月10日(日曜日)は「電波でさぐる星と惑星の誕生」です。
    星と惑星の誕生の謎について、最新の電波望遠鏡「アルマ」による観測結果などをご紹介します。

    詳細

    発展的天文講座

  • 2022年2月5日(土)

    小惑星Kokubunji誕生7周年記念イベント 宇宙講演会 in国分寺

    日時

    2022年2月5日(土)
    14:30~17:00(開場:14:00)

    オンライン配信

    「YouTubeライブ」及び「ニコニコ生放送」でオンライン配信されます。

    「YouTubeライブ」配信

    「ニコニコ生放送」配信

    会場

    cocobunjiプラザ リオンホール

    講師/講演内容

    淺田 正一郎((一財)日本宇宙フォーラム 宇宙政策調査研究センターフェロー)
    「民間宇宙開発最前線」

    阪本 成一(国立天文台 教授)
    「アルマ望遠鏡が描く最新の宇宙像」

    対象

    どなたでも
    中学生以上におすすめ

    定員

    100名(先着順・事前申込制)

    申し込み期間

    2022年1月2日(日)~1月28日(金)

    申し込み方法

    こちらの国分寺市のサイトのフォームからお申込みください。
    参加費用は無料です。

    内容

    国内外のスペースポートや商業有人宇宙船など民間宇宙開発の旬な話題から、

    アルマ望遠鏡が切り拓く最新の天文学のディープな話まで

    宇宙の魅力をお届けする講演会を開催します。

    詳細

    東京都国分寺市ホームページ/国分寺市は日本の宇宙開発発祥の地

  • 2021年12月25日(土)

    天文講演会「天文学の常識を書き換えたアルマ望遠鏡の10年」

    日時

    12月25日(土) 17:00~18:30

    会場

    かわさき宙(そら)と緑の科学館
    プラネタリウム

    講師

    平松 正顕(国立天文台 天文情報センター講師/台長特別補佐)

    対象・定員

    中学生以上 100名(当日先着順)

    参加費

    プラネタリウム観覧料に同じ

    内容

    2011年に科学観測を開始し、今年10周年を迎えたアルマ望遠鏡。
    高感度・高解像度な観測で、惑星誕生の現場のかつてない鮮明な姿やそこでの有機分子の検出、
    遠くの銀河の観測を通して宇宙の歴史に迫るなど、次々と成果をあげています。
    宇宙を電波で探ることで見えてきた、最新の天文学の世界にふれてみましょう。

    詳細

    かわさき宙(そら)と緑の科学館

  • 2021年12月

    プラネタリウム上映「アルマ望遠鏡で挑む宇宙のナゾ」

    日時

    平日 15:00 
    土・日・祝日 12:00/15:00
    (上映時間 約45分)

    会場

    かわさき宙(そら)と緑の科学館
    プラネタリウム

    内容

    南米チリのアルマ(ALMA)望遠鏡は、視力6000の”目”で天体からの微小な電波を捉えることができます。
    科学観測がスタートして今年で10年目、ALMAの目を通して明らかになった宇宙の姿をのぞいてみましょう。

    詳細

    かわさき宙(そら)と緑の科学館

  • 2021年12月3日(金)~ 2022年1月30日(日)

    私たちの起源を宇宙に探る アルマ望遠鏡の10年

    日時

    2021年12月3日(金)~2022年1月30日(日)
    12月27日(月)~1月4日(火)は年末年始休館    
    午前11時~午後6時30分

    会場

    天文・科学情報スペース    
    (下連雀3-28-20三鷹中央ビル1階)

    内容

    南米チリに建設されたアルマ望遠鏡は、2011年の科学観測開始から10年を迎えました。
    惑星の誕生や銀河の進化の謎に挑み、生物の材料になりうる物質を宇宙に発見発見するなど、教科書を書き換える成果も続々と出ています。
    本企画展では、その研究のようすを、天体画像を中心としたパネルと模型などの展示でご紹介します。
    標高5000mの素晴らしい風景映像もお楽しみください。

    詳細

    天文・科学情報スペース

  • 2021年10月1日(金)~11月30日(火)

    プラネタリウム上映「アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目」

    時間

    詳しい上映スケジュールはこちらをご覧下さい。

    会場

    明石市立天文科学館

    内容

    アルマ望遠鏡は、チリのアタカマ砂漠にある66台の電波望遠鏡です。複数の望遠鏡を組み合わせる 技術により、惑星の誕生現場やブラックホールの直接観測など、かつてない高解像度の観測を行っています。
    アルマ望遠鏡と電波天文学についてお話しします。

    詳細

    明石市立天文科学館

  • 2021年11月07日(日)

    総研大社会連携事業「オンライン講演会 おうちで天文・宇宙」

    時間

    2021年11月07日(日)
    14:00 – 15:30

    講師

    上田佳宏(京都大学理学研究科)
    永井洋(国立天文台アルマプロジェクト、総研大天文科学専攻)

    開催方法

    Zoomウェビナー

    申し込み方法

    要事前予約。
    こちらからお申込み下さい。
    10月7日より受付開始します。

    内容

    総研大では社会連携事業「オンライン講演会 おうちで天文・宇宙2021」を開催いたします。
    質問時間をたっぷりとったオンライン講演です。
     
    X線観測で探る超大質量ブラックホールの進化
    講師:上田 佳宏(京都大学理学研究科)   

     
    電波望遠鏡で見るブラックホール
    講師:永井 洋(国立天文台アルマプロジェクト、総研大天文科学専攻) 

    詳細

    総研大社会連携事業「オンライン講演会 おうちで天文・宇宙」

  • 2021年10月30日(土)

    オンライン配信イベント「星空をめぐる旅」

    時間

    令和3年10月30日(土曜日)
     午後6時30分から午後7時45分(予定)

    講師

    阪本成一(国立天文台 教授)
    高木俊暢(日本宇宙フォーラム 主任研究員)

    配信
    (YouTube)

    視聴方法

    YouTube Liveで午後6時30分より、チャンネル「日本宇宙フォーラム」で配信。

    チラシに記載のQRコードまたはページ下部の外部リンクよりアクセスしてください。

    内容

    おうちで過ごすことが増えた今、旅は憧憬の的です。
    今回は「宇宙」と「旅」をテーマに、子どもから大人までご家族で楽しめるオンラインイベントを配信します。

    プログラム
    (1)講演「宇宙を見学しよう」 高 俊暢
    (2)講演「チリの天文台と星空ツアー」 阪本成一
    (3) 質疑応答

    (注釈)質問は、配信時にYouTubeコメント欄に投稿してください。

    対象

    どなたでも

    詳細

    オンライン配信イベント「星空をめぐる旅」

  • 2021年10月2日(土)~11月28日(日)

    プラネタリウム上映「電波で探る宇宙~アルマ望遠鏡10年の軌跡」

    時間

    14:00(土日のみ)
    ※ 詳しい上映スケジュールはこちらをご覧下さい。

    会場

    平塚市博物館 プラネタリウム

    内容

    アルマ望遠鏡が観測を始めてから今年で10周年。
    それを記念し、アルマ望遠鏡の軌跡や科学成果を紹介するとともに、電波で見た宇宙の姿を解説します。

     ナレーション:辻本あかり
     監修・出演:平松正顕(国立天文台天文情報センター)

    詳細

    平塚市博物館・プラネタリウム

  • 2021年9月

    プラネタリウム上映「電波の眼で宇宙を見る~ALMA望遠鏡10周年」

    時間

    14:00~(50分)
    16:00~(50分)
    土曜・日曜・祝日 のみ

    会場

    なかのZERO 西館 プラネタリウム

    内容

    季節の星空案内とトピックのご紹介。
    2011年9月に稼働し始めたALMA望遠鏡は人間の眼に見える可視光ではなく、電波で宇宙を見る望遠鏡です。
    稼働開始から10年、これまでALMA望遠鏡が見てきたさまざまな宇宙の姿とともに、最新の電波天文学をご紹介します。

    詳細

    なかのZERO プラネタリウム

  • 2021年9月4日(土)

    はまぎんこども宇宙科学館・国立天文台連携企画「きらめく星の天文台だより」
    ―第2回「アルマ望遠鏡と中継をつなごう!」

    時間

    10:00~11:00 ※延長の可能性有り

    講師

    亀野 誠二(国立天文台 アルマプロジェクト 教授)

    形式1
    (Zoom配信)

    【対象】 洋光台サイエンスクラブ会員
    【定員】 各回数名
    【参加方法】 洋光台サイエンスクラブにご登録の上、マイページよりご応募ください。

    形式2
    (Youtube配信)

    【対象】 どなたでも
    【定員】 なし
    【参加方法】 当日になりましたら、下記URLよりご視聴ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=YGzQd0AzZpQ

    詳細

    https://www.yokohama-kagakukan.jp/kirameku_tenmondai/

  • 2021年8月28日(土)

    国立天文台野辺山特別公開2021オンライン「科学を支えるものたち」

    特別講演講師

    南谷哲宏(国立天文台チリ観測所長・准教授)

    ミニ講演講師

    松田有一(国立天文台アルマプロジェクト 助教)
    Yu-Ting Wu(国立天文台アルマプロジェクト 研究員)

    配信(YouTube)

    午前の部
    https://www.youtube.com/watch?v=y2-SwUALDqs

    午後の部
    https://www.youtube.com/watch?v=An5gjvI_zvk

    詳細

    https://www.nro.nao.ac.jp/visit/open2021/open2021_online.html

  • 2021年7月17日(土) 〜 10月10日(日)

    ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

    会場

    大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
    (花と緑と自然の情報センター2階)

    時間

    開館時間:9:30~17:00(最終入場:16:30)

    休館日

    2021年7月19日(月)・26日(月)、8月2日(月)・23日(月)・30日(月)、9月6日(月)・13日(月)・21日(火)・27日(月)、10月4日(月)

    詳細

    ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

  • 2021年8月22日(日)

    ディスカバリーチャンネル× 国立天文台presents 国立天文台と学ぶ宇宙、そしてアルマ望遠鏡

    時間

    13:30~14:30(終了予定)

    講師

    平松 正顕(国立天文台天文情報センター 講師)

    参加対象

    小学生(1~6年生)と保護者の方

    配信方式

    ZOOM(ウェビナー形式)
    (※参加者のPC接続確認などは参加者ご自身でご準備ください)

    申込フォーム

    https://forms.gle/StynjnhqvFshXJtVA

    詳細

    ディスカバリーチャンネル× 国立天文台presents

  • 2021年4月25日

    南十字の下で -見えない宇宙に挑むアルマ望遠鏡-

    時間

    13:30~15:00

    会場

    島根県立三瓶自然館 ビジュアルドーム

    講師

    平松 正顕(国立天文台アルマプロジェクト 助教)

    定員

    60名(要予約)

    詳細

    島根県立三瓶自然館イベント情報

  • 2021年3月20日(土)~6月6日(日)

    ノーベル賞受賞100年記念 アインシュタイン展

    会場

    名古屋市科学館 理工館地下2階イベントホール

    時間

    09:30~17:00(入場は16:30まで)

    休館日

    毎週月曜日(5月3日は開館)、4月16日(金)、5月6日(木)、5月21日(金)

    詳細

    ノーベル賞受賞100年記念 アインシュタイン展

NEW ARTICLES