イベント情報

イベント情報

イベント情報

  • 2017年8月26日(土)

    野辺山特別公開2017

    場所

    長野県 国立天文台野辺山

    時間

    9:30〜16:00(入場は15:30まで)

    内容

    ポスター展示、映像上映、アルマ望遠鏡受信機展示、ミニ講演会、アルマVR体験

    詳細

    国立天文台野辺山 特別公開2017

  • 2017年8月2日(水)

    国立天文台夏休みジュニア天文教室2017「電波望遠鏡観測体験」

    内容

    平松正顕(国立天文台チリ観測所)による解説。
    太陽電波望遠鏡の観測体験、4D2Uシアターの鑑賞。

    時間

    9:15~12:35

    参加資格

    小学生から中学生

    定員

    50名(定員を超えた場合は抽選)

    申込期間

    7月5日(水)午前10時~7月6日(木)午前10時まで

    持ち物

    筆記用具・色鉛筆

    詳細・申込み

    国立天文台夏休みジュニア天文教室2017

  • 2017年7月15日(土)

    駿台天文講座「アルマ望遠鏡で探る星々のルーツ」

    講師

    平松正顕(国立天文台チリ観測所 助教)

    時間

    17:00~18:00
    晴天の場合は、講座終了後天体観望会をします。

    会場

    駿台学園中学校・高等学校(東京都北区)

    詳細

    駿台天文講座

  • 2017年4月27日(木)~7月2日(日)

    天文・科学情報スペース 「暗黒の宇宙を探るアルマ望遠鏡」展

    開催日時

    2017年4月27日(木)~7月2日(日)午前11時~午後6時30分(月・火曜・祝日休館)

    会場

    天文・科学情報スペース(東京都三鷹市)

    詳細

    天文・科学情報スペース

  • 2017年6月18日(日)

    NPO法人 花山星空ネットワーク 第19回 講演会

    日時

    2017年6月18日(日) 13:30–16:00 (13:00開場)

    場所

    京都大学 理学研究科セミナーハウス

    内容

    「究極の電波望遠鏡 アルマが見た宇宙」 立松健一(国立天文台教授) 他

    対象

    小学校高学年以上 (小学生は保護者同伴)

    料金

    大人 1500円 (NPO会員は1000円)、高校生以下700円(NPO会員は500円)

    申込方法

    電子メールあるいは往復はがきに以下の項目を記入してお申し込みください。
    1. 参加希望行事の名称 「第19回講演会」
    2. 参加者全員(5名以内)の氏名・年齢(学年)
    3. 代表者の郵便番号・住所・電話番号・電子メールアドレス (電子メールアドレスはお持ちの方のみ)
    電子メールでのお申し込みの場合、件名を「第19回講演会」としてください。

    申込先

    往復はがきの場合: 〒607-8471 京都市山科区北花山大峰町 花山天文台内 花山星空ネットワーク事務局
    電子メールの場合: hosizora@kwasan.kyoto-u.ac.jp

    申込締切

    2017年6月14日(水) 必着

    お問合せ

    電子メール: hosizora@kwasan.kyoto-u.ac.jp
    電話: 075-581-1461

    詳細

    NPO法人 花山星空ネットワーク 第19回 講演会

  • 2017年6月11日

    講演会「アルマ望遠鏡で見えてきた宇宙のナゾ」

    講師

    平松正顕(国立天文台チリ観測所 助教)

    日時

    2017年6月11日(日)14:00~15:00(13:30開場)

    会場

    天文・科学情報スペース(東京都三鷹市)

    定員

    30名(先着順)

    参加費

    無料

    申込方法

    5月24日(水) から申し込み受付を開始します。天文・科学情報スペース:tenmon@mitaka.ne.jp 宛にお名前・電話番号を明記の上、お申込みください。受付後、受付メールを差し上げます。

    詳細

    天文・科学情報スペース

  • 2017年5月20日(土)

    ギャラクシティ天文ネットワーク講演会(1) 南米チリ・アタカマ アルマ望遠鏡が見た宇宙

    講師

    平松正顕(国立天文台 助教)

    時間

    14:30~15:30(質問コーナー:15:30~16:00)

    会場

    ギャラクシティ(東京都足立区)

    定員

    170名(事前申込制/当日先着順)

    参加費

    無料

    詳細・申し込み

    ギャラクシティ天文ネットワーク講演会

  • 2017年 3月25日(土)

    大阪市立科学館スペシャルナイト 「アルマ望遠鏡でさぐるオリオン大星雲」

    講師

    「アルマ望遠鏡プロジェクトの概要」平松正顕(国立天文台 助教)
    「チリ・アルマ望遠鏡施設の紹介」浅山信一郎(国立天文台 准教授)
    プラネタリウム解説
    「オリオン大星雲のアルマ観測最前線」廣田朋也(国立天文台 助教)

    時間

    18:30~20:30(開場 18:00)

    会場

    大阪市立科学館プラネタリウムホール(大阪府大阪市)

    定員

    300名(事前申込制、先着順)

    参加費

    500円

    詳細・申し込み

    大阪市立科学館・イベント情報

  • 2017年 3月5日(日)

    第23回自然科学研究機構シンポジウム

    講師

    林左絵子(国立天文台 准教授)
    武藤恭之(工学院大学 准教授)
    宮崎 聡(国立天文台 准教授)
    末原大幹(九州大学 助教)

    時間

    13:00~16:50

    会場

    東京国際交流館(プラザ平成) 国際交流会議場(東京都江東区)

    定員

    360名(事前申込制、先着順)

    参加費

    無料
    インターネット中継あり

    詳細・録画リンク

    第23回自然科学研究機構シンポジウム

  • 2017年 3月4日(土)

    標高5000mから探る宇宙:アルマ望遠鏡

    講演者

    平松 正顕(国立天文台 チリ観測所)

    時間

    14:00 – 14:40、15:30 – 16:10
    科学ライブショー「ユニバース」内、10分ずつのゲストコーナーにおける講演。

    場所

    科学技術館4F シンラドーム(東京都千代田区)

    申込

    不要

    詳細

    科学ライブショー ユニバース

  • 2017年2月4日(土)

    星の講演会「暗黒宇宙を切り開く アルマ望遠鏡」

    講演者

    平松正顕氏(国立天文台チリ観測所助教)

    時間

    午後7:00~午後8:30

    場所

    葛飾区 郷土と天文の博物館

    費用

    200円

    定員

    165人(お申込み多数の場合は抽選)

    申込み

    電子申請/往復はがき

    詳細

    葛飾区 郷土と天文の博物館・イベント詳細

  • 2017年1月28日(土)

    小惑星Kokubunji誕生2周年記念イベント

    講演者

    阪本成一(国立天文台チリ観測所所長)

    時間

    午前11時30分〜

    場所

    セレオ国分寺9階インドアガーデン

    申し込み

    不要(定員50名)

  • 2016年12月10日(土)

    第4回宇宙講演会「子どもから大人まで宇宙に夢中!」

    講演者

    「アルマ望遠鏡の活躍で見えてきた惑星の誕生:ほら、あっちにも、こっちにも」
    長谷川哲夫(自然科学研究機構 国立天文台 上席教授) 他

    時間

    12:55~17:15

    場所

    お茶の水女子大学 講堂(徽音堂)

    申込み

    参加費無料。お申し込み不要。どなたでもご自由にご参加ください。

    詳細

    お茶の水女子大学

  • 2016年11月26日(土)

    第22回アルマ望遠鏡公開講演会「アルマ望遠鏡で探る星と惑星の誕生」

    講演1

    ハッブル宇宙望遠鏡を超えた!究極の電波望遠鏡「アルマ」の紹介
    立松健一(自然科学研究機構 国立天文台 チリ観測所 教授)

    講演2

    世界の仲間達と作った世界に一つのアルマ望遠鏡
    立原研悟(名古屋大学 准教授)

    講演3

    惑星誕生の現場を探る—アルマによる驚きの観測結果
    深川美里(名古屋大学 准教授)

    時間

    13:30~16:45

    会場

    名古屋市科学館(愛知県名古屋市)

    対象

    どなたでもご参加いただけます(事前のお申し込みが必要です)

    定員

    320名(申し込み多数の場合は抽選)

    申込み

    名古屋市科学館 催し物案内

    詳細・インターネット中継

    国立天文台講演会/第22回アルマ望遠鏡公開講演会

  • 2016年11月12日(土)

    「吉笑ゼミ」自分らしく考える (宇宙と落語のコラボレーション)

    出演

    長谷川 哲夫(国立天文台教授)・立川 吉笑(立川流落語家)

    時間

    15 時 20 分開演(14 時 50 分開場)

    場所

    八王子・大学セミナーハウス「講堂」

    定員

    120名 (事前申込み制)

    詳細

    案内PDF実施報告

  • 2016年10月21日(金)~22日(土)

    三鷹・星と宇宙の日2016

    場所

    国立天文台三鷹キャンパス(東京都 三鷹市)

    内容

    ALMA棟でのミニ講演会、VR展示、ポスター展示、映像上映など

    詳細

    三鷹・星と宇宙の日2016

  • 2016年10月15日(土)

    科学キッズフェス! 2016「天文トークショー」

    講演

    「天文トークショーⅠ 世界最高の望遠鏡”アルマ”との通信」

    出演

    平松正顕(国立天文台チリ観測所助教)・黒田有彩さん(タレント)

    対象

    三鷹市・武蔵野市・小金井市・国分寺市・国立市の小・中学生

    場所

    東京・三鷹市公会堂(光のホール)

    定員

    事前申込700名

  • 2016年10月10日(月・祝)

    明石市立天文科学館 特別天文講座

    講演

    「アルマ望遠鏡のお話」

    講師

    平松正顕(国立天文台チリ観測所助教)

    時間

    12:45 – 14:00

    会場

    明石市立天文科学館(兵庫県明石市)
    2階プラネタリウムドーム

    定員

    300名(当日整理券制)
    ※当日9:30(開館時刻)より整理券を配布します。

    詳細

    明石市立天文科学館

  • 2016年 9月17日(土)

    三鷹ネットワーク大学アストロノミー・パブ

    テーマ

    「ブラックホール噴出流の根元に迫る」

    講師

    永井洋(国立天文台チリ観測所 特任准教授)
    平松正顕(国立天文台チリ観測所 助教)

    時間

    18:30 – 20:30

    場所

    三鷹ネットワーク大学(東京都三鷹市)

    詳細

    三鷹ネットワーク大学

  • 2016年 9月 3日(土)~2016年 9月 4日(日)

    ALMA MUSIC BOX:死にゆく星の旋律 コンサートwith 京都市交響楽団

    日程

    9月3日(土) 16:00開演(15:00開場) / 17:30終演予定
    9月4日(日) 13:00開演(12:00開場) / 14:30終演予定

    場所

    みやこめっせ(京都府京都市) 第3展示場

    出演

    広上淳一(指揮)
    京都市交響楽団(管弦楽)
    伊藤ゴロー、クリスチャン・フェネス、さとうじゅんこ(滞空時間)、澤井妙治+細井美裕、
    スティーヴ・ジャンセン、 Throwing a Spoon(トウヤマタケオ×徳澤青弦)、蓮沼執太、
    mito(クラムボン)、湯川潮音
    ゲストボーカル:Aimer

    料金

    一般券 6,000円(自由席・税込) 当日6,500円
    学生券 3,000円(当日要学生証)

    詳細

    ロームシアター京都

NEW ARTICLES